偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)の痛みはたいへん激しいといわれておりますが、一般的に売られている頭痛薬が効く人が殆どのようです。市販の頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)薬は大変沢山の種類がありますが、効果があれねどれを選んでも良いのではないでしょうか。実際には、各メーカーにより薬の成分内容には違いがあるようなので、本来であれね自分の症状にあった薬を選択したいところです。できれば、薬局で薬剤師さんに症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)の説明をして選んで貰いましょう。ほとんどの場合は市販されている頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)薬で偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)の痛みが緩和されると思うのですが、中には市販薬では効果がないからっていう人もいらっしゃるようです。そういう人ならね、偏頭痛(片頭痛とも表記します)に非常に効果的だと言われているトリプタン系の薬を試したいものですが、トリプタン系の薬は持病がある場合には服用できないケースもあるので、医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)の診断と処方箋が必要になるのです。いずれにしても、市販薬で効果が出ないような偏頭痛(時には嘔吐などの症状を伴うこともあるでしょう)の場合は、是非一度、医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)の診察を受けてみて下さいね。場合によると、偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)ではなくて、なんらかの脳の病気などが原因で偏頭痛っぽい症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が起きている・・・という可能性もあるためです。もちろん、そういった病気(先天的なものも少なくないでしょう)は大変恐ろしい疾患ですし、早期発見が非常に重要です。また、偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)の薬を服用する時には、なんらかの兆候を感じた時点で服用するのが理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)的です。全く何の兆候もなく、いきなり偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)の痛みが始まる人もいますのですが、予め何かの兆候を感じる方は、その段階で飲み始めるのがいいですねー